サーシャ・スローンが悲しい少女の音楽と「セルフポートレート」について語る

文化

サーシャ・スローンが悲しい少女の音楽と「セルフポートレート」について語る

歌手は、彼女の新しい音楽がファンに孤独を感じさせないことを望んでいます。

2019年12月4日
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • Pinterest
ブライオンサマーズ
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • Pinterest

サーシャ・スローンはもはや彼女の不安を示すことを恐れていない-そして彼女の脆弱性の結果は彼女の最新EPで明らかになっている 自画像

アリアナ・グランデ・エミネム

多くの人にとって、Sashaのプレイリストへの紹介はSpotifyからのものであり、2019年に彼女が歌「Older」で2500万ストリームを独占したプラットフォームです。アーティストとしてのサーシャの地位は、10代の不快なバラードに関連するファンと直接関係しています。

Charli XCX、Camilla Cabello、Tinasheのような人のために書いたSashaは、最新のプロジェクトの簡潔で感​​情的に効果的な作曲の上に心の内なる考えを感動的に語ります。このレコードのシンプルなサウンドにより、24歳の風変わりで誠実な叙情性が各トラックを照らし、社会不安、悲しみ、ハリウッドの浅い愚痴の瞬間を再現しています。

写真:Bryon Summers

「(EP)を本当に個人的なものにすることを完全に意図したものではありませんでした-私が経験していた私の人生の時間ですべてが出てきただけだと思います」とサーシャは言います ティーンヴォーグ。 「(歌)ある種のエッジとフロー-自分自身を完全に受け入れ、成長し、私の欠陥と私を受け入れる方法を知らないという事実。結局のところ、EPのすべての曲は、私が誰であるかについてのさまざまな側面を表しているので、結局それを呼ぶことにした 自画像'。

Sasha(b。Alexandra Artourovna Yatchenko)にとって、彼女の目標は 自画像 レコードの音をできるだけシンプルでタイムレスに保つことでした。 5歳でピアノを弾くことを学んだサーシャは、19歳のときにプロとして音楽を追求するためにロサンゼルスに移りました。自称「悲しい少女」は、他のアーティストのために何年も書いた後、2018年に2つのEPを出しました。

サーシャは彼女の歌詞の強さと、その関連性が長年のファンや新しいリスナーと共鳴する方法を知っていましたが、フラッシュを絶えず吐き出す業界で時の試練に耐えることができる音楽を制作することも同じくらい重要でした-インザパンポップシングル。

スーツのジョングク

「すべてを本当にシンプルに保ち、歌詞に物語を語らせることは私にとって非常に重要です。私は物事が時代を超えて聞こえるようにしようと私はしたくありませんでした 自画像 ボストンで生まれたが、シベリアで夏を過ごしたサーシャは、わずか5年でさえも超時代遅れに聞こえると言います。 「私はそれが現在音楽を作っている方法だと感じています-コンピューターにはクールで最新の音があり、誰もがそれを使い始め、2年後に誰もが「ああ、古い音がする」と言います。

広告
写真:Bryon Summers
写真:Bryon Summers

でも 自画像 当初はそれが判明した超個人的なレコードであることを意図していませんでしたが、EPの各トラックの意図は同じでした-不安、うつ病または不確実性のテーマを中心に-サーシャが本当に欲しかったのは彼女のファンのためでした孤独を少し感じます

「(私のファンは)同じ苦労を経験しており、時々大丈夫ではないのは大丈夫です。私は意図せずに...少しエモであることの声になっている」と彼女は指摘する。 「ストリーミング中の数字を見ることができます。 Youtubeビューが上がるのを見ることができます。しかし、実際の生活の中で人々を見て、彼らとつながり、特定の歌が彼らの人生につながった理由を聞きました。それは私を本当に感情的にさせ、ファンと話すたびに泣きそうになります。

食物昏睡は本物ですか

別に 自画像 ますます混雑するポップミュージックシーンの中で必要なペースの変化の変化であり、EPはまた、ソングライターとしてだけでなく、彼女の心のこもった、無言の自己を代表する多面的なミュージシャンとしてのサーシャのキャリアの決定的なポイントをマークします。

「自分の音楽の顔をすることは、私にとって本当に大変でした。しかし、私はその事実を所有し始めていると思うし、私はもう自分ではない誰かのふりをしていないだけだ」とサーシャは言う。 「人生で初めて、自分が誰であるか、自分が作っている音楽の種類を受け入れることができました...それは本当に素晴らしいことです」