リメイクファッション:東京ファッション業界でのアップサイクリングの始まり

スタイル

リメイクファッション:東京ファッション業界でのアップサイクリングの始まり

古いものから新しいものを作るという熱心なプラクティスは、日本ではどこにも行きません。

2019年12月12日
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • Pinterest
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • Pinterest

東京は、ストリートスタイルだけで判断すると、ファッションの最も折lect的な都市の1つになりました。完全に独創的なスタイルを作成するためのミキシングとマッチングの感覚は、ファッションを愛する日本のファッション愛好家に由来します:ハイエンドとファストファッション、新しい、特にビンテージ。ストリートスタイルのスターはビンテージパッチや古いジーンズなどすべてを身に着けていますが、アイバルナのような他のものは、現在のシーズンのグッチと頭とつま先のヴィンテージをミックスしています。子供のインスタグラムスターであるココピンクプリンセスは、野生の衣装で70万人近くのフォロワーを抱えていますが、ヴィンテージもたくさんあります(彼女の両親はビンテージショップFunktiqueを所有しています)。しかし、ヴィンテージが大好きなのは東京のストリートスタイルのスターだけではありません。今年、東京ファッションウィーク中に、若いデザイナーがビンテージ素材を使用して新しいものを作成した例がさらに多くありました。

サカガウェアはどのように世界を変えたのですか

たとえば、Children of the Discordanceのショーで、張り地のような生地を縁取られたタンクトップとお揃いのパンツに作り直しました。あるいは、Bodysongラベルは、2020年春コレクション全体を、滑走路にカットされてつなぎ合わされたデニムや作業服のベストなどの古い素材を使用して示しました。 Label Sreuは、デッドストックのTシャツ、セーター、デニムを、一緒にコラージュされたように見えるモダンなピースに変えました。 Hykeには、滑走路でビンテージの軍隊余剰生地を使用した歴史もあります。デザイナーの松井信之でさえ、古い生地で新しいものを作りました。松井の2020年春コレクションでは、使用済みジーンズで作られたカーペットが滑走路に並んでおり、デザイナーのキュレーションされたデニムステープルのコレクションにつながっています。

そして、「リメイク」文化は、日本で呼ばれているように、ファッションウィークを超えて東京で繁栄しています。地下の原宿店の小さな地下室から、非常に人気のあるウォールジャパンなどの大きなコンセプトストアまで、デザイナーやブティックは古着を取り、それらを切り取り、つなぎ合わせ、最先端の形やデザインの新しい作品を構築していますユニークな美学。

東京のリメイク文化は、街の活気あるストリートスタイルのシーンに由来しています。 1970年代は、日本人が国際的なファッション、特にアメリカからのファッションを受け入れ始めた最初の10年でした。ストリートスタイルは次のような雑誌から生まれました JJ そして ポパイ、プレッピーなアメリカーナの美学に重点を置いています。これらの雑誌は、しばしばアメリカの大学生活に関する論説を特集しました。 1980年代頃、デザイナーやストリートスタイルの狂信者は、女子高生の制服やその他のアメリカのファッションステープルなどを再流用し始めました。日本の文化は、 furugi, 古着で。 1980年代、原宿のストリートファッションの最盛期には、デザイナーブランドとビンテージや古着を組み合わせることで、独特の美学が生まれました。これは、ストリートスタイルのスターが作品(しばしばアメリカやヨーロッパのヴィンテージ、 1970年代の最初の輸入)、実験的なリメイクとして再組み立てしました。今日では、大人と子供向けのカスタムピースを備えたドロシーバカンスや、ニットと格子縞のシャツを組み合わせて珍しい作品を作成するドロシーバカンスなど、ヴィンテージピースから服をリメイクすることに特化したさまざまなブランドがあります。

奇妙な衣料品店

その一例が、2005年に川村敬太と井村美智子によって設立された日本のブランドYEAH RIGHT!です。デュオはビンテージ服からユニークな作品を作り始め、この秋には公式の東京ファッションウィークのスケジュールに関する展示がありました。ブランドはスポーティーな部分の作り直しに重点を置いており、最終結果はしばしば美学を曖昧にします。考えてみてください。ナイキのタンクトップとジャージは、対照的な色の長い非対称の生地がつなぎ合わされたゆったりしたドレスになりました。半分のスウェットシャツと半分のボタンダウンのハイブリッドトップス。さまざまなビンテージピースから散りばめられた生地のストリップがあります。特にこのブランドでは、リメイクファッションはオーガニックなプロセスで生まれました。 「私はファッションデザイナーが生地を選ぶようにヴィンテージの服を選びます」と川村は語る ティーンヴォーグ。 「この方法は自然なはずだと思うが、もう少し時間がかかる」。

15年前にブランドを立ち上げて以来、YEAH RIGHT!また、日本および世界中のブティックで販売されている半年ごとのコレクションを通じてリメイク作品の量産を開始しました。ブランドは、信頼できる日本の古着ディーラーと提携して、主に米国とヨーロッパからビンテージ服のバッチを調達することによってこれを行います。古いものを使用して新しい衣服を作成するプロセスには、本質的に持続可能性がありますが、そうです!プロセスとしてリメイクを使用するという選択は、社会的意義よりもブランドの美学に関係していると主張しています。ブランドは、このプロセスには少し皮肉な点があることを認めています。「リメイクは大量生産のために存在します」と川村は言います。 「大量生産が失われた場合、材料を見つけることができません。それは非常に皮肉です」。

別の人気のリメイクブランドは、原宿の有名なラフォーレ店の地下にショップを持っているアマチュナルです。ここには、上にきちんと縫い付けられた格子縞と小さなレースの襟のパネルで再利用された特大のラルフローレンパーカーから、ヴィンテージプリント生地のコレクションが上にパッチされたアディダススカートに至るまで、すべてが見つかります。
YEAH RIGHT!のように、Amatunalは特に米国とヨーロッパの古着を再利用しています。 「着るには小さすぎる服や、なんらかの理由で着ることができない服を作り直して、新しいファッションとして楽しみたかった」と店長のちびみずは説明する。彼女は共同ディレクターのアヤミとデザイナーの塩と協力して、店の裏にあるミシンで衣服を作り直します。 「私はすべての服を見て、見た目どおりに作ります」と彼女は言います。 「リメイクでしか表現できない、さまざまな素材、サイズ、デザインのユニークな組み合わせがあります」。

広告

前述のブランドのChildren of Discordanceは、2011年のデビュー以来リメイクを使用しています。このブランドは、パレスチナ難民のスタッフがいる工場と協力してフェアトレード製品を生み出しています。デザイナーの鎌間秀明は、「ヴィンテージは常に出発点ですが、同じ方法でやるだけでは十分ではありません。私たちはリメイクしますが、現代的であり、今日のトレンドに適応した方法で。そのため、ブランドの代表的なアイテムの1つにバンダナがあり、チルドレンオブディスコダンスのシャツ、ブレザー、パンツにパッチが適用されています。

同様に、メンズウェアブランドのLandlordは、東京での2020年春の滑走路コレクションにもリメイクカルチャーを取り入れていますが、その方法はまったく異なります。デザイナーの川西亮平は彼のアーカイブから作品を選び、ニューヨークを拠点とするアーティストの山口めぐるに洋服をペイントさせました。川西は過去のコレクションを効果的にリサイクルして、まったく新しい作品を作り直しました。 「家主と山口めぐるのコラボレーションはめぐる何かであり、私はここ数年話していました」と川西は言う。 「めぐるは東京で育ち、同じ文化的参照を理解し、同様の郷stalを感じます。ニューヨークの日本人デザイナーとしてのクリエイティブなプロセスについてよく話しますが、今は一緒に仕事をするのにふさわしい時期だと感じています。

リメイクは東京のファッションシーンでこれまで以上に人気があるように見えますが、リメイクのスタイル-生地と奇妙なシルエットのパッチング-は、最も有名な日本のデザイナーの一部でさえ見ることができるものですパリの滑走路に存在します。たとえば、コムデギャルソンの傘の下にあるジュンヤワタナベを考えてみましょう。ラベルの特徴の1つは、パッチワークジーンズで、黒と青に格子縞のパッチが施されています。渡辺の2020年春コレクションは、文字通りジャケットに融合したTシャツとドレスであふれていました。これらの作品は実際に作り直されたわけではありませんが、ビンテージの生地を使用することで非常に人気が出てきた、節約されたパッチを合わせたスタイルをエミュレートしました。渡辺自身は、リメイク文化に非常によく似たスプライスTシャツとドレスを作成しました。

ニンニク臭放出

川西氏は、ビンテージリメイクスタイルが日本でどのように普及したかについて、独自の理論を持っています。と呼ばれる日本の美徳があります mottainai, 日本語では、無駄を避けることの価値を意味します」と彼は言います。 「伝統的にそれはと呼ばれる技術とファブリックを通して反映されています ボロ。 ボロは綿を栽培できず、厳しい気候のために暖かい服が必要だったため、日本の北部で人気を博しました。彼らは、麻またはリネンを使用し、生地の層を重ねました。彼らは暖かさとファブリックの寿命を延ばすためにパッチとレイヤードしました。出来上がった生地は独特で、風合い、摩耗、歴史があります。摩耗と凹凸が美しさを与えます。この文化的伝統と原則は、今日でも日本のファッションに残っています。

今のところ、古いものから新しいものを作るという熱心な慣行は日本ではどこにも行っていないようです。幸いなことに、それは持続可能な慣行であり、主要都市の他のデザイナーはそれに追随しているようです。アップサイクル-副産物、廃棄物、役に立たないまたは不要な製品を新しい材料に変換するプロセス-は、Marine Serre、Bode、今年のジバンシィなどのラベルで使用されています。しかし、リメイクのファッションが違うのは、東京の献身的なデザイナーが見せる美学にあります。多くの人が原宿のストリートスタイルのシーンは死んでいると言っています。今、原宿の街を歩いていると、風変わりでカラフルな衣装よりも、現代風のスタイルのビンテージ服が多く見られることは事実です。リメイクのトレンドが何かを証明するなら、日本のデザイナーは常にヴィンテージファッションにアプローチする方法を再発明しているということです。